2006年07月11日

稽留流産A妊娠検査薬

最初の流産は…
心拍確認後の進行→完全流産だったので、
1回生理をみてから普通の夫婦生活を送ってもいいと言われ、
割とすぐにイチャイチャするように―。

だけど…
最初の流産(2004年8月)から約半年経っても、
悲しいことに、なかなか子供ができなかったのです…(´・ω・`)

そして、
2005年4月13日―
計算上では、その日が生理予定日。

だけど…
数日前から明らかにおかしい身体の変化が…!!
熱っぽく、やたら胸が張っている。

『ねぇねぇ…(*´ω`*)
なんか胸が張ってるんやけど、少し大きくなった気がしない?』


「そぅかぁ?いつもと変わらんように見えるが…」

右ストレート!☆(゜o(○=(-_-○フンッ!

だりんにはそう言われたけど、私は妊娠の兆候を疑った。

そして―
妊娠検査薬には予定日1週間後と書いてあるけど、待てない。
予定日当日に封を切って使ってみた。

結果は…
すぐに薄っすらと陽性!

だけど…
そこには手放して素直に喜べない自分が居た―

今度こそ、大丈夫だよね?
もう居なくなったりしないよね?


信じたい気持ちと不安は尽きない。

最終生理は、2005年3月12日。
この3月は…
ワタシたち夫婦にとって、本当に大変な月だった。

ソマリがインフルエンザに掛かり、3〜4日高熱でうなされ…
だりんはワタシのインフルエンザが移りはしなかったものの―

ウィルスの影響か、はて?
付き合いで、2次会まで飲まされた影響か…
原因は不明のまま彼の持病(肝臓)が急性悪化して高熱。

ヘタすれば命に関わるコト。
入院にならなかったのが奇跡だった、夫婦ドミノ。

そんな大変な時期だったので、

「両親がこんなにボロボロの時期に、
子供ができたらいかんやろ…
できても身体が弱いかもしれない…
また前みたいな想いはしたくないやろ?」

お互いがそう思い、そう言い合っていた。

でも―
『病み上がりだからダメだよ!』と言ったのに…
つい押し切られ…
イチャイチャしてしまった日が1度だけ…(/∇\)

きっと、この時に来てくれた子供。
(28日にできたにしては…排卵日がワケワカメ??)

2004年の流産から半年が経っても全然出来ないから…
3月からは子供を諦めて、心新たに…
2人の生活を気楽に生きようとしていた月でもあった。

だから…
基礎体温もインフルエンザを境に、ポツリポツリと穴だらけ。
予測線で繋がれた、すっかり気まぐれな測定記録に…。

2度目の妊娠基礎体温.jpg 

ワタシの貴重な妊娠時の基礎体温表。

これを今となっては、
(キチンと記録を続けていれば…)
とか―
(勿体ないなぁ…)と思わずにはいられないのだけど…
後悔先に立たず、なのであります…(苦笑)

(Bへ続く→)

この記事へのコメント
コメントを書く
<名前> *必須*

<メール>

<ホームページ>

Cookie保存しますか?

<コメント> *必須*

<認証コード> *必須*


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20629928

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。