2006年06月26日

完全流産(子供)

明け方4:50頃まで子宮収縮は痛いし、
痛みのあまり眠れないしで、起きていた記憶があります。
痛みが遠退いた合間合間に意識が飛んで少し休み、
また痛みで意識が戻って耐えることの繰り返し。

ホントやっと眠れたのに、6:30頃―
頭上からナースさんの呼びかけが、ぴろーん!(-"-)

「ソマリさーん、体温測ってもらえますか?」

低血圧で朝も弱い、寝起きも悪いソマリ。
かなーりご機嫌斜めでイラつきながら体温を測った。

そして、起きたついでにトイレへ。

朝7:30―
検査のための採尿で紙カップを当てた時、
丁度「ヌッ…」と独特の出る感覚。
すると、何かが出ました。

血じゃない・・・。

1.5cmくらいの丸っこくて、血の塊ではない物体が・・・。

例えると―
血色が悪くなった時の親指の爪のような色で、ほぼその大きさ。
まだ全然人の形じゃないけど、明らかに子供でした。

やっぱりダメだったみたい…。
しばらく、カップを見つめたまま…
呆然とトイレの中で立ちすくんでいた。

ハッとして、トイレから出た時―
丁度ナースの人がいて、ちょっと動揺した私は、
「これ…子供ですよね…?塊が出たら渡すって…」と、
カップごと渡して部屋に戻った。

ショックが大きすぎて、涙も出ない。
こういうことってあるんだ…。

ベッドの上で夜中のことを回想。


「痛かったら注射打ちますので、
ナースコールで呼んで下さいね!」



夜中、何度となく見回りに来てくれたナースさん。

そう言われていても…
あの時はこんな状態でも、
我慢すれば助かるんじゃないかと思う自分もいて…

どんなに痛くても…

ナースコールを押さずにグッと我慢していたけど、
「痛いわ、ちくしょう!!」と暴言を吐かせるほどの…(失礼)

規則的に押し寄せてきた壁を蹴りぬきたいくらいの痛みも…
気付けば、すっかりなくなってしまっていました。

あんなに小さな子供でも陣痛を起こすのね・・・と思いました。
でも、最期に子供の姿を見ることができてよかったです。

私だけが見れた子供…
気付かずに、流してしまわないでよかった…。
会えてホント、よかったよ。

だりんにも、出てきてしまったことを報告すると―
「そうか、母体が元気ならいいや。ソマリが大事やから。
検査はするのかなぁ?先生に聞いておいて?
迎えに行くから連絡してや。」

9:00頃、エコーで診察。

子宮の中には何もありませんでした。
割と綺麗に中身が出てしまっていたので、
流産の手術はありませんでした。

子宮収縮剤(パルタンM)と抗生物質が処方され、
お風呂は当分ずっとシャワー。

次の生理が来るまで、引き続き安静指示。

完全流産なので、1回生理が来たら、
普通の生活に戻って夫婦生活もいいと言われました。

いつ来るか解らなくて怖かったですが、
私の場合は、自然に大体40日くらいで来てくれました。

この記事へのコメント
はじめまして こんにちは 私も7月30日に完全流産してしまった の です。妊娠発覚から たった12日間の短いものでした。 私は 上に二人の男の子がいます。今回の妊娠は 夫の女の子が欲しいとの たっての願いでの 妊娠でした。私的には 年齢ももう30半ばを過ぎ 子育ても ようやく落ち着いてきて もう いらないかな?なんて思っていました。でも 妊娠したら やっぱり 嬉しくて 精神的に若返った気持ちでした。しかし 発覚から8日目 出血が 始まってしまいました。日々 多くなる出血と痛み 痛みは なんとなく 張る感じの 軽い痛みでしたが 出血から5日目の夜中 ついに その時が 来てしまいました。 2cm位の 白い膜に包まれ 脂肪みたいなムニョムニョとしたものにつながれ これ これって どう見ても・・・・と言うものでした。 出血から 毎日毎日 メソメソ泣いて 泣いて 泣き崩れ でも 出てきてしまった時は 体がふわって力が抜けてしまった感じで 涙がどこかへ行ってしまいました。頭に一つのメロデイーが かけめぐるだけ 薬師丸ヒロコのセーラー服と機関銃の♪さよならは 別れの言葉あじゃなくて〜 再び逢うまでの遠い約束〜♪でした。 家は 旧式トイレ つまり ぼっとん便所 トイレに落としてしまったら もう 拾えない状態  でも 赤ちゃんは ちゃんと 私と向き合ってくれる様に 手元に 残ってくれました。 しっかり抱きしめ なでなでも しました。次の日 病院に行き 子供がいない事を確認しました。 私は幸せでした あの子が 私の元へ 来てくれた事 たった12日間だけだったけど 本当に 幸せでした。 互いに 頑張りましょうね 必ず あの子を この世に 蘇らせるように 何事にも 負けない 強い母の元へ 来てもらえるように・・・・・
Posted by の at 2006年08月04日 11:52
★の さん
初めまして(*´ω`*)
コメントありがとうございます。
の さんも完全流産を経験してしまったのですね。
上に男の子が2人がいるということなので、
きっと、まさか自分が流産するとは思ってもみなかっただろうな…
楽しみだったんだろうな…と想像してしまうだけに…
の さん自身も、旦那様も、さぞ辛かったことでしょう…。

出血から毎日泣いて泣いて不安で…
自分も一緒でした。

赤ちゃんが出てきた時の…
あの呆然とした涙も出ない感情ってなんだったんでしょうね。
ショックすぎると人間、ああなるのかな…。

でも、赤ちゃんが既に出てきたことに気付かないまま…
医師から完全流産を告げられる人もいる中で…
ちゃんと残って、姿を見せてくれた我が子に感謝ですね…。

私も期待と不安に翻弄された短い間だったけど、
幸せだったなぁ…と、もう2年前になる初めての妊娠のことを思い出しました。
の さんから逆に励まされちゃいましたね…(´・ω・`)
弱気になっている場合じゃない!
強くならなきゃと…。

経験するまで、私はあまり考えてもみなかったけれど…
ホント、1つの命をこの世に生み出すって難しいですよね…。
今、の さんの傍に居る可愛い子供たちも奇跡の結晶だと思うと、
きっと愛しさ倍増なんでしょうね♪(*´ω`*)

今度こそ、必ず無事に生まれてくれるように…
いいママになれるように、頑張ります!

お互い、めげずに頑張りましょう!

でも、無理は禁物ですよ?
今は旦那様と一緒にゆっくり心と身体を休めてくださいね。
Posted by ソマリ at 2006年08月05日 11:07
★・・ソマリさん・・★ 

 ソマリさん お返事 ありがとうございます。
励ましのお言葉 そしてパワーをありがとうございます。
 ソマリさんは 若くして 一杯の色んな痛みを経験して
やさしく 強く 人の気持ちが分かる そんな人に なって
行ってるんだな と感じて しまいました。
 
今回の事が あって 本当に 一つの命が ここに 
誕生するのって すごい事 なんだなぁ〜と 感じています。 
自分自身にしても 上の子二人にしても 外で見掛ける 子供達や 赤ちゃん 生まれてこれて 良かったね と つぶやきかけて
しまいます。
 

ソマリさん ソマリさんは まだまだ 若いし パワーもあります。
あまり根を詰めずに 大きい気持ちと 笑顔で 日々 頑張って
欲しいです。
 私 いつでも このページ覗いて 応援してるから くじけそうに 
なったら 私に 声掛けてね
本当に沢山の やさしさとパワーを ありがとう!
 
フレ〜 フレ〜 ソマリ 
フレ〜 フレ〜だりんさん
 

Posted by の at 2006年08月08日 11:24
コメントを書く
<名前> *必須*

<メール>

<ホームページ>

Cookie保存しますか?

<コメント> *必須*

<認証コード> *必須*


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19885777

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。