2006年06月23日

完全流産(入院した夜)


医師:
「心拍が判らなくなってますね…。
もしかしたら、このまま出てくるかもしれません。
明日の朝、もう1度見てみましょう。一応、1回分、追加薬を出しておきますので。」

これから夜が明けるまでに何が起こるかわからないので、
だりんも「入院させて様子を診てあげて下さい。」と医師に任せることになる。
一瞬、帰れるかと思ったけど、私はそのまま予定通りの入院。

そして―
時間的には短くても、長い夜を…
家とは違う、冷たくて硬い病室のベッドに1人ぼっちで
過ごすことになりました。

病室の空調の音が静かに聞こえる中、窓の外の天気は悪くて、
風が何度も病室の窓を叩いていき、
何がこれから起こるのかわからない私の心をいっそう不安にさせました。

1回分だけ処方された薬は、デュファストン
どんな効果を狙ってだったのか、わかりませんが…。

初めての入院、怖いよぅ(‥、)
寂しい、だりんと離れ離れの夜。

4人部屋だったけど、
入院してたのは私と他にもう一人だけ。

隣の人もなかなか眠れないのか、私が来たときから携帯いじり。
ずっと一緒にカタカタしていました。

(続く→)

陰性(11日目)


平均の28日周期の人は、
11日目から調べ始めるらしいので、

一応…
排卵日検査薬を使ってみました!(≧ω≦)ノ

でも、私…
28日周期で来ることなんて滅多にないです…(爆)
今年に入ってから月経不順になるまでは、平均31日周期。
もともと平均よりやや長め。

だとすると―
検査開始日は14日目から(らしい)。

取りあえず…
今日は基礎体温に惑わされたフライングということで―
明日からは軌道修正します…(ノ_-;)

周期11日目。


基礎体温:36.77℃
体調:だるい、身体が熱い。
服薬:当帰芍薬散・マルチビタミン

11日目なのに、
やっぱり高温期並みの体温をはじき出してます(;´Д`)ノ

嘘やん…。
この体温上昇は何??

仕事が終わったら、取りあえず排卵日検査薬使ってみよう。

まだ陰性でありますように…。
陰性でも判定終了線1本のみでよろしく気分。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。